何度でも…

16歳年下くんとの過去と現在の想い

今日も

また長い

変わりばえしないであろう

1週間が始まった



仕事終わりに

学校帰りの娘と待ち合わせをして

お茶することになった


その場所は

彼の職場の近く


もしかしたら

今日こそは

顔が見れるかも


一度家に帰り

化粧を直し

待ち合わせ場所まで自転車で向かう


その場所に行く途中

彼の職場の横を通る

たまに外に出ているので

通りすがりに

チラッと目を向ける


誰もいない


娘と会う前に

“◯◯なう”

と彼にLINE



娘とお茶をして

少しブラブラしたあと


娘は電車、私は自転車で帰るので

一旦娘と別れた


すぐにLINEを見ると

彼から

“おわったー”と

5分前にきていた


“もう電車乗っちゃった?”と聞くと

“まだだよ”とすぐ返信


“そろそろ出るよ”と返ってきたので

急いで彼の職場の近くへ

職場の前まで行ってしまうと

知人に会ってしまうかもしれない

彼が駅へ向かう道へ

急いで自転車を走らせる


“近くまできたよ”と送ると

“もう…改札入った”

“ごめん…トイレ行きたくて(-_-)”


“そろそろ出るよ”のLINEから

わずか5分ほど


職場でトイレはいってきてよ…

とも言えず


“残念…”

“ちょっとだけ会いたかった”

“なんてね”


立て続けに送った


そして

“またね”と送ったら

“またね…”と返ってきた



またね…

それはいつなの?


こういうことは

前にも何回かあった


その度に思い知る


彼が

私と会いたいと思うことは

ほとんどないんだと



少しくらい会ってよ!

いつになったら会えるの?

私が会いたい時には

会ってくれないの?


もし

こんなことを

私が言ったら


彼は


だったら

もう終わりにしよ


と言うだろう


いっそ全部ぶちまけて

終わりになったら

最初は苦しくて

何もできなくなるけど

きっと今より

楽になる…


わかってるけど…


どうしても

離れられない



家に帰ってから

いつもと変わらず

スタンプラリー


今、途切れたから

きっと彼は

寝てしまったのだろう


私も

ゆっくり眠りたい


もうお酒の力を借りないと

眠れない夜


私も何も考えず

ただ

ゆっくり眠りたい



今日も

会えなかった