何度でも…

16歳年下くんとの過去と現在の想い

一言

毎日暑い日が続き

お盆休みもなく

働いていて

かなりお疲れモード


でも

彼とのLINEは

盛り上がっていて


お互い

会いたいとは

言わないけど


なんとなく


いつ会おうか…


という空気になっている



私はどうしても

彼に会いたくて


なんとか

会うための口実を考えて


先日

彼に

会いに行った



彼の仕事終わりに合わせて

職場の裏口に行くと



久しぶりに見る

制服姿の彼


懐かしくて


すごく

すごく


カッコよくて


ずっと見ていたいのに


見ることができない



少し会って

帰るつもりだったけど


やっぱり会うとダメだ…


‘少しだけ話がしたいな’と

言ってみると


‘いいよ’と

答えてくれた



この前と同じ

彼の職場の近く

人目が気にならない場所で

待ち合わせ



私服に着替えてきた彼も


すごくカッコいい



LINEでは

あんなに話せるのに

彼を目の前にすると

全然話せなくなる


彼の方が

たくさん話してくれる


しばらく話してると



‘明日、彼女のところに泊まるよ’と

ふいに言われ


一瞬

かたまった



仕方ないよね…



でも

そのあと


私達も

来月会う約束をした




昨晩

彼は

彼女の家に泊まった



辛いけど…


来月の約束があるから


いつもよりは

耐えられる




さっき

彼女の家から帰る

彼から

LINEがきた


これから

仕事をしに行くらしい



“がんばって!”と送ったら


“眠い…“と

一言



昨夜は

彼女と一緒にいて

眠れなかったんだね



それほど

辛くなかったのに


辛くならないように

我慢してたのに



その一言で



力が抜けた



“アウトー”と

ウサギが親指を立てた

スタンプを

送り返した



穏やかな気持ちで

いようと思っていたのに…



今夜は

LINEを控えよう


余計な一言で

ケンカを

ふっかけてしまうかもしれない



穏やかな気持ちに

戻るまで



大人にならなきゃな